ENGLISH

PROFILE OF ARTIST

コノキ・ミクオ(此木三紅大)

1937年東京生まれ。武蔵野美術大学、ローマ・アカデミア美術大学卒業。1976年美術団体「青枢会」創立。1995年「那須高原私の美術館」開館、常陳される。1998年千葉県匝瑳市に「松山庭園美術館」設立。絵画にとどまらず、ガンダ彫刻や石彫や庭園など多彩な才能を発揮。公共施設にも多数の作品を制作設置している。2009年、此木ファンにより埼玉県加須市に「ほくさい美術館」設立される。

「コノキ・ミクオ 無邪気な鉄たち展

PARK HOTEL TOKYO 25F ART LOUNGE & 31F OPEN 11:30AM〜10:00PM
コノキ・ミクオ(此木三紅大)
入場無料 | 期間中無休 (ただし臨時イベントにより会場内入場の時間制限などを設けさせていただく場合もございます。)

 春を告げる東風とともに舞い降りる「風神」、凍て雲を解き雷鳴を響かせる「雷神」。恐ろしげな鬼の姿をした自然現象を神格化したこの二つの神は、時には畏怖の対象として、時にはユーモラスな存在として古くから日本人に親しまれてきました。
 今回のアートカラーズ「無邪気な鉄たち -Iron Brutes Ⅱ-」展」では、美術家コノキ・ミクオの手によって鉄で制作された大きな風神・雷神が、どこかおどけたような愛嬌ある仕草でホテルに訪れる皆様をお出迎えいたします。会場となる25Fのラウンジには、生きる喜びに溢れた春にふさわしいたくさんの作品が展示され、子供のように無邪気に元気一杯に遊びまわります。
 水温むうららかな季節、人の心もホッと和ませてくれる、そんなアート展をパークホテル東京でお楽しみください。

【協力】羽黒洞  【総合プロデュース】creative unit moon 【映像制作】antymark
 ※会期中、作品をモチーフにした映像作品をアトリウム壁面の大型スクリーン(高さ約30mx幅約8.5m)で上映します。