ENGLISH
AIH

平良志季
profile

第30弾 平良 志季

 30室目は「富士山」をテーマに、日本画家の平良志季さんが2017年5月19日から制作をスタート、ホテルに滞在したり通ったりしながら約2ヶ月間半制作を続け、2017年7月31日に完成いたしました。

 ここ3110号室は、東京タワー側の客室の中でも特に窓の大きな部屋で、空気の澄んだ季節には富士山を遠くに臨むことができます。「とにかく日本のおめでたいモチーフに囲まれる部屋を作りたかった」という平良さん。ドアを開け、鳥居をイメージした赤い入り口を抜けると、メインのヘッドボードには風神・雷神を従えた富士山が、その反対側の壁には宝船に乗った七福神が描かれています。

 二つの富士山、そして部屋を飛び回る神様をご覧いただきながら、幸せな時間をお過ごしください。

 

◎ご予約・お問い合わせは 03-6252-1100 まで
web予約

Artist in Hotel 汐留
平良志季
Artist in Hotel 汐留

富士山がとても綺麗に見える部屋ですのでメインを富士山とし、その周りに日本の縁起の良いモチーフを詰め込みました。
ドアを開き鳥居をイメージした真っ赤な入り口をくぐるよう進むと様々な神々が空を飛び回っています。夜になり、窓に映った神々はまるで本当に空を飛んでいるように見えます。
風神雷神に七福神、壱目様など部屋中とにかく日本のおめでたいモチーフに囲まれ、強さがありながらも心穏やかに過ごしていただけるよう制作いたしました。
お泊まりいただいた方々にたくさんの素敵な幸せが訪れますようお祈りしております。

平良志季