ENGLISH
AIH

蜷川 有紀
profile

第29弾 蜷川 有紀

 29室目は「天女」をテーマに、画家で女優の蜷川有紀さんが2016年11月28日から制作をスタート、ホテルに滞在しながら約1ヶ月間制作を続け、2016年12月21日に完成いたしました。

 部屋の制作にあたり、蜷川さんがコンセプトとしたのは「薔薇と天女」です。 羽衣を身に纏った美しい天女。天女が舞い降りた薔薇の花が咲き乱れる大地を部屋全面に描きました。

 「バラというと西洋の花というイメージが強いですが、日本には万葉集のころから“いばら” “うばら”と言われた一重の薔薇が咲いていたのです。」と話す蜷川さん。部屋の随所には、蜷川さんのオリジナル、バラベイビーという名の可愛らしいキャラクターやバラルーナという一角獣も隠れています。女優や映画監督としての経験を活かし、蜷川さんならではの独創的で女性らしい、華やかな空間を演出しました。

 アーティストルーム「天女」で、楽しく豊かな時間をお過ごし頂ければ幸いです。

◎ご予約・お問い合わせは 03-6252-1100 まで

Artist in Hotel 汐留
蜷川 有紀
Artist in Hotel 汐留

天女は、羽衣という薄い衣装を身に纏っています。美しい天女が舞い降りたのは、薔薇の花が咲き乱れる大地です。日本には、万葉集のころから“いばら”“うばら”と言われた一重の薔薇が咲いていました。西洋の薔薇と少し違い、しずかな趣のある薔薇です。「愁ひつつ岡にのぼれば花いばら」という与謝蕪村の俳句もあります。天女が舞い降りたお部屋で楽しく豊かな時間をお過ごしください。随所に、バラベイビーという名のキャラクターやバラルーナという一角獣が隠れています。何匹いるかぜひ探してしてみてください。

蜷川 有紀