ENGLISH
AIH

香川 大介
profile

第28弾 香川 大介

 28室目は「縄文」をテーマに、画家の香川大介さんが2016年11月14日から制作をスタート、ホテルに滞在しながら約1ヶ月間制作を続け、2016年12月23日に完成いたしました。

  生活に季節や自然を取り込むことで、その美しさを楽しんだ日本の美意識の原点が縄文文化にあると考える香川さんが、自然と共存、調和する縄文人の精神性を、失いつつある現代のホテルの一室に表現したいと制作に臨みました。

 「このお部屋が、都会や現代の私たち人間を含む、大きな意味での自然との調和を目指すものになるようにという想いで描きました」という香川さん。部屋や浴室の壁に直接描かれた絵のモデルとなった場所は、屋久島、富士山、高尾山など、香川さんが実際に訪れたところです。また、部屋に置かれた土器は、土の精製から行い、その模様づけの縄はホテル内に飾られていた植物を使って創作しました。

 アーティストルーム「縄文」では、繊細な表現のなかに、古来より受け継がれてきた日本の「ものづくり」を楽しむ精神性を感じることが出来ます。縄文的造形を基にしながら作家独自の文様パターンで装飾されたお部屋で、縄文の世界観をご堪能ください。

 

◎ご予約・お問い合わせは 03-6252-1100 まで
web予約

Artist in Hotel 汐留
Jomon
Artist in Hotel 汐留

古く日本には1万年以上に及ぶ『縄文』という時代がありました。火や水、土地の精霊をかたちどった土器類が多く発掘されていることから、狩猟採取生活の当時は後に続く農耕中心の生活に比べ、より自然界とのつながりが深かったように思います。土に木と森は山へ、川は海へつながり、空には日と月と星々。人の営みと自然は共にあり、その豊かさは遺された作品を通し現代の私たちにも伝わっています。

生活に季節や自然を取り込みその美しさを楽しむ心は、日本のみならず世界中に共通するものです。この部屋で何か通じるものを感じていただければ嬉しく思います。

創作を楽しんだ縄文の人々に思いを馳せ、楽しく描かせていただきました。

香川 大介