ENGLISH
AIH

三橋鎌幽
profile

第25弾 三橋鎌幽

 「侍」をテーマに、鎌倉彫師の三橋鎌幽さんが2016年7月1日から制作をスタート、ホテルに滞在したり、通ったりしながら1月間制作を続け、2016年8月1日に完成いたしました。

「侍の生きた時代から継承されている鎌倉彫の技を通し、侍に想いを馳せると共に、日本の美意識にも想いを巡らせて欲しい」という三橋さん。伝統の技を現代に生きるカタチで世に放ちたいと、侍の部屋の制作に臨みました。侍とゆかりの深い「鎌倉」の地で発祥し、800年間受け継がれる「鎌倉彫」。木を彫刻し、漆を塗り重ねる日本固有の伝統技法を用いる鎌倉彫で、お部屋全体を装飾しました。アーティストルームでは初めてとなる、美しい日本の伝統工芸で装飾されたお部屋です。

 ベッドの上、左右に飾られたのは、寄木のように32のパーツからなる侍の形をした鎌倉彫。その彫刻は繊細で、丁寧に重ねて塗られた漆の艶が美しい作品です。中央に設置された「刀」は、師である三橋鎌嶺が制作したもの。これは侍の「心技体」が師から弟子に継承されることを表すと同時に、技の伝承そのものに日本の美意識を感じることができます。反対の壁には、実在する侍の装身具をモチーフに彫った、真田信繁の赤い兜、森蘭丸の黒い兜を飾りました。禅宗寺院に育まれた鎌倉彫の間に書かれたのは、名刀の名の文字からなる「円相」です。また、部屋全体を守護する配置で眼を光らせる獅子の掛け軸と、鳳凰の陣羽織の図柄は、鎌倉彫の図案技術を活用し、再構築して描きました。部屋の入り口にかけられた富士山の図柄の陣羽織は、豊臣秀吉のものです。

 アーティストルーム「侍」では、宿泊するお客様が侍となり、時空を超えて侍のプライベート空間を体感いただけます。

◎ご予約・お問い合わせは 03-6252-1100 まで

Artist in Hotel 汐留
三橋鎌幽
Artist in Hotel 汐留

「侍の部屋」

侍の聖地「鎌倉」、その地で発祥し800年間受け継がれる「鎌倉彫」。木を彫刻し、漆を塗り重ねる日本固有の伝統技法を用いています。鎌倉彫職人である私にしか表現できない「侍」を模索しました。
「侍の部屋」をコンセプトとし、宿泊するお客様が侍となり、時空を超えて侍のプライベート空間を体感して頂きたいという想いで制作しました。部屋には、豊臣秀吉の陣羽織・真田信繁の兜・森蘭丸の兜など実在する侍の装身具をアレンジし、表現いたしました。また、鎌倉彫の図案を再構築し描き上げた獅子と鳳凰が、部屋全体を守護する配置で眼を光らせます。
侍の魂「刀」は三橋鎌幽の師である三橋鎌嶺が制作しました。これは、侍の「心技体」が師から弟子に継承されることを伝えるためです、師弟の技が揃ってこそ日本の技であると考えました。一子相伝により綿々と受け継がれる日本の技、私の技術も800年間の長い時を祖先が守り継承してまいりました。これこそ日本の美意識であると感じます。
侍に想いを馳せると共に、侍の生きた時代から継承されている鎌倉彫の技を通し、日本の美意識にも想いを巡らせて下さい。
三橋鎌幽