大谷 有花 略歴

1977年 神奈川県相模原市生まれ。2003年 多摩美術大学大学院修了。1998年頃より、自己の過去の記憶に基づくインスタレーション作品を発表。その後、作品と空間との関係を見つめる中で、空間そのものを絵画として表現する「キミドリの部屋」シリーズの制作をはじめた。2013年、秋田市に転居したことをきっかけに、日本人の感性や美意識をテーマにした絵画作品シリーズ「はなすがた」の制作を開始した。同年より、秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻 准教授。

略歴

2001 「第6回 昭和シェル石油現代美術賞」 本江邦夫審査員賞 受賞
2003

「VOCA 2003」(上野の森美術館) VOCA奨励賞 受賞
多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻 修了

2004 「日常の変貌」 群馬県立近代美術館(群馬)
個展 GALLERY MoMo(東京) * 以降、2009年まで毎年、2011年にも個展
2005 個展 第一生命ギャラリー(東京) * 2007年と2009年にも個展
2006 「絵画の行方」 府中市美術館(東京)
2010 「第2回 絹谷幸二賞」(毎日新聞社) 絹谷幸二賞 受賞
2011 個展 横浜高島屋美術画廊(神奈川)
2013 秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻 准教授 就任
2015 個展 日本橋高島屋美術画廊、横浜高島屋美術画廊(巡回展示)
「あきたの美術 2015」 秋田県立美術館県民ギャラリー(秋田)