ENGLISH
AIH

中村眞弥子
profile

第17弾 中村眞弥子

 17室目は「野菜」をテーマに画家の中村 眞弥子さんが2015年5月12日から制作をスタート、2015年6月11日に完成いたしました。
 「お部屋を白磁のうつわと見立てた」という中村さん。壁の白さにこだわり、作画前の壁に白の下地を5回重ね塗り。ご自身がファンだという、世界でもその希少性や完成度の高さで有名な鍋島焼の色彩や形を用いて、日本原産の野菜47種類を壁いっぱいに描きました。透明感あふれる、洗練されたデザイン性を感じられるお部屋となりました。
 「この部屋で過ごすお客様に、自分の家から庭に出て散歩するような、そんな時間を楽しんでいただきたい」という作家の思いから、壁にはぐるりと絵巻物のように日本家屋を取り巻く風景が点在します。ベッドに向かって右側は縁側。となりの台所を通って、野山へ。小川、湿地、沼地、裏山を通り抜けて野原、そして我が家の庭に戻ってくる。いくつもの季節と場所が交錯する不思議な白い空間を、ヤマウド、ゼンマイ、山椒、松茸といった日本原産の野菜が彩ります。
 47種類の野菜を探しながら、お部屋をゆったりとお散歩していただければ幸いです。

◎ご予約・お問い合わせは 03-6252-1100 まで

Artist in Hotel 汐留
中村眞弥子ムービー
Artist in Hotel 汐留

お部屋を白磁のうつわと見立て、日本人の美意識が反映された鍋島焼の色やかたちを用いながら 47種類の日本原産のお野菜を いけてみました。
縁側、台所、野山。小川、湿地、沼地。裏山、野原、お庭。そして ふたたび縁側へ。
絵巻物のような風景のはざまを ゆったりとお散歩していただければ幸いです。

中村眞弥子