ENGLISH
AIH

近藤 亜樹
profile

第16弾 近藤 亜樹

16室目は「おたふく」をテーマに画家の近藤亜樹さんが2015年5月7日から制作をスタート、ホテルに滞在しながら9日間制作を続け、2015年5月15日に完成いたしました。
「おたふくの顔に、日本の美のすべてが詰まっていると感じた」という近藤さん。部屋に入るとまず目に入るのは、微笑みを浮かべて宿泊者を迎える大きなおたふくの顔。近藤さんは「五徳の美人」とも言われ、古来人々のお手本にもされていた「おたふく」の顔を描くことで、慎み深さや謙虚さといった、日本人の心の美しさを表現いたしました。また反対側の壁には、その控えめで静かな姿が日本人に愛されてきた梅の木が、壁のみならず天井まで描かれています。ベッドを包み込むように描かれた梅の木は、遠くから見れば力強さに溢れ、近くで見れば繊細で、一つ一つ違う表情を見せてくれます。
現代東京を象徴するアイコン、東京タワーに臨むこの部屋に描かれたのは、「おたふく」という顔の造作になぞらえた古の日本人の美しい心、おもいやりの心です。
近藤亜樹さんが提案する日本の美を、「アーティストルーム おたふく」でどうぞご覧ください。

◎ご予約・お問い合わせは 03-6252-1100 まで

Artist in Hotel 汐留
近藤 亜樹ムービー
Artist in Hotel 汐留

「おたふく」は五徳の美人。
おでこが広いのはおおらかさ。ほっぺは丸く包容力があり、目は全てのものを優しく見つめ、
口元はいつも微笑みをたやさず、鼻が低いのは謙虚である。
日本の古い文化では、おたふくは最高の美徳として、人々のお手本になっていました。
わたしが提案する日本の美は、おたふくという顔に込められた、おもいやりの心です。

近藤 亜樹