ENGLISH
AIH

内藤 瑶子
profile

第15弾 内藤 瑶子

「鯉」をモチーフに画家の内藤瑶子さんが2015年3月25日から制作をスタート、2015年4月17日に完成いたしました。
「鯉の堂々とした泳ぎ姿に、向上、進歩、繁栄への願いが普遍的であることを感じた」という内藤さんは、古来より縁起の良い魚として尊ばれている「鯉」が泳ぐ姿を、油絵の具やアクリル絵の具、墨と和紙によるコラージュなど、様々な素材・手法を用いて生き生きと描きました。また、入り口と窓側は「海外からのお客様に『日本』を感じていただけるように」と 、弁柄という神社や仏閣などにも用いられる日本の伝統色で塗りました。
壁画のメインとなるベッドの横には、鯉の背に乗り遊ぶ男の子。ゴツゴツとした岩を潜り抜けて行ったその先には、滝を昇ろうとしている鯉が描かれています。子供たちの、そして自分自身の成長を願う人々にとってのラッキーアイテムである 「鯉」が、この部屋を訪れる方にとってもラッキーアイテムでありますように、というアーティストの願いが込められています。
「アーティストルーム 鯉」で、壁の作品とともにごゆっくりとお過ごしください。

 

◎ご予約・お問い合わせは 03-6252-1100 まで
web予約


Artist in Hotel 汐留
内藤 瑶子ムービー
Artist in Hotel 汐留

日本では、「鯉」は縁起の良い魚として古来から尊ばれています。これは「鯉が滝を登って龍になる」という中国の故事に由来するようです。子供の成長を願った端午の節句の「鯉のぼり」、刺青やデコトラといった「立身出世」を象徴するワイルドなデザインに至るまで、幅広い意匠として親しまれています。その堂々とした泳ぎ姿に、向上、進歩、繁栄への願いが普遍的であることを感じました。

鯉は子供たちの、そして自分自身の成長を願う全ての人々にとってのラッキーアイテム。
そういった兆しをこの部屋で感じていただければ幸いです。

内藤 瑶子